学食の雰囲気にて気まずい雰囲気

よく私は、大学の食堂でお昼ご飯を食べに行く時の話です。それは、ある日の時にお昼ご飯を食べようと食券に行ったら、友達がいて声をかけようとやりとりしたら、めちゃくちゃ気まずい雰囲気になってしまいました。そして、気まずい雰囲気をなんとか立ちはだかろうと、別日にご飯を食べに行こうと、何度も挑戦していますが雰囲気に負ける日々。なんとか、気まずい雰囲気に負けないように、2回3回目に入ろうとするとなんとか雰囲気に負けてしまいます。すると、4回目でなんとか雰囲気を少しずつ掴めるようになりましたが、50パーセントぐらいしか掴めませんでした。その後、徐々に気まずい雰囲気に掴めていますが、なんとか雰囲気に負けないように毎回変えていますが、8回目で気まずい雰囲気をなんとか掴めてみようと思いきや、あともう少しで掴めることが出来そうな予感があり、この調子で毎回ではないけど、なんとか行けそうな予感だと思いました。迎えた10回目、大学の食堂に行ってそれから雰囲気に負負けない、怪しいことをしない、ストーカーみたいにウロウロしないように、待ってたらSNSからやりとりの連絡が来てびっくりました。すぐに、気まずい雰囲気からなんとか脱出できる予感が出来るぞと思い、やりとりを続けたら、それが身につくようになり、なんとまた誘われるようになりました。そして、昨日私はお昼ご飯にその子を誘おうとしたら、かなり物凄く気まずい雰囲気になってしまい、挙句の果てにやりとりが途絶えてしまいました。なんか残念なので新しい出会いを求めて栃木でアルバイトをはじめることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です