開けてビックリ、丸見えトイレ

福岡県の築城基地で、毎年11月に航空祭があります。ブルーインパルスも来る、大きな航空祭で、毎年友人と参加しています。
航空ショーは航空自衛隊の営内であり、入り口から滑走路までは10分~15分歩く距離にあります。それまでの道のりに、毎年周囲の県から多くの出店がやってきます。大分の唐揚げだったり、佐賀の地鶏焼き鳥だったり、大分県日田市の焼きそばだったり、食も楽しめるイベントになっています。
これだけ、食べて楽しめるイベントなので、毎年大変多くの人が訪れます。その人数は広大な航空自衛隊の敷地の中で、約10万人の人です。
この時点で気づいた方も、多いと思いますが、圧倒的に足りないものがあります。それは、トイレです。航空自衛隊の建物の中のトイレを入れたとしても全く足りません。毎年、約10万人のお客さんが訪れているのに、トイレだけは改善されません。予算の関係なのでしょうか?
毎年毎年、バーゲンセールのように、トイレには長蛇の列が出来ます。その仮設トイレは、全く使ったことのない人にとっては、使いづらく、開け閉めも苦労する代物です。私もトイレにいきたくなり、長蛇の列にならんで、順番を待っていました。横一列に約20以上のトイレがならんでおり、空いたら入りを繰り返しています。私はいち早くトイレに行きたかったので、空いてるトイレを探していたら、ロックがかかっておらず、鍵のマークが青のオープンとなっていました。勢い良く、ドアをあけると、中年の男性がおしりを、並んでいる大勢の人にむけて、出し、排便をしていました。大相撲のチケットをとって秋場所身に行ったときに力士のお尻を思い出してしまいました。見た人は申し訳ない気持ちを通り越したのか、爆笑してました。私はとても申し訳ない気持ちになり、ドアを閉め、トイレに行きたい気持ちをおさえ、その場を脱兎のごとく、去りました。もう少し、鍵のかけ方などを分かりやすくしてあげてほしいです。とんだ、ハプニングでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です